半グレとは?手口や対策も紹介!北海道帯広市の初代谷口組

半グレ対策

「半グレ」の手口には、ストーカー、待ち伏せ行為をして、「脳神経を収縮させるタイミングピッタリの音(主に改造車?の車のドアの音やエンジンをふかす音)」を出し、「執拗に脳神経を攻撃してくる」というものがあります。

また、「民事介入暴力」に似た手口を使ってきて、入墨(タトゥー)をちらつかせたり、突然物を叩いて大きな音を出したり大声をあげたり、早朝や夜中に騒音を出すなどの嫌がらせを行い、巧妙に脅してきたりします。

さらには、通勤・通学途中の交通機関等で、近くに寄って来て、個人情報や自分しか知らないはずの情報を連想させる支離滅裂な会話をすることによって、監視を仄めかしたりもしてきます。

これらの行為は、法の抜け穴をかいくぐるため、警察に言っても動いてくれません。

このような半グレの対策としては、「スマホで動画撮影をする」、「騒音測定器でデシベルを測定する」、「スマホのボイスレコーダーで録音する」、「警備員のように警備して口頭で注意をする」などという手段が考えられます。

「スマホで撮影した動画」や「ボイスレコーダーで録音した音声」は、「YouTubeなどにアップ」して広く認知させることにより、「半グレ対策」となります。

デシベルに関しましては、騒音規制法で規制されているそうです。以下のページに詳しく書いてあります。

騒音規制法の概要-環境省